160206-1

『彼を知り、己を知れば百戦危うからず』
(~孫子の兵法より~)

今日お伝えしたいことは、この言葉に集約されています。
『相手を知り、自分を知ることができれば、負ける戦はない!』
ということです。

アメリカの大学に入るには、英語の試験を受け、最低ラインの数字を突破する必要があります。
英語を母国語としない学生は必須で、『TOEFL(トフル)』といいます。
TOEFLとは、Test Of English Foreign Languageの頭文字を取った略になります。

どこかで聞いた事があるような・・・・

そうです!
日本では社会人の英語能力を示すテストとして『TOEIC(トイック)』があります。
TOEFLは、TOEICの留学生版と考えてください。
同じ会社が運営しており、特に日本をはじめ、韓国、中国と受講する方は、年々増えています。



「入学するのに英語テストがあるんだ。ちょっと難しそうだな~。」
「3年間野球しかしてこなかった自分にどうしろって??」

っていう声が聞こえてきそうです。

しかし、ちょっと待ってください。
野球を続けてきたあなたであれば、必ず取る事ができると確信しています。
それは、野球を小さなころからずっと続けて、
素振りやシャドーピッチング、ランニングを何も言われないで黙々と続けてきたからです。

TOEFLも同じだと思ってください!

上手くなり、試合で活躍するために、バットを振りますよね。
ただ、バット振るのではなく、強く打つためには、下半身の使い方であったりとか、
筋トレをして、パワーつけようと考えるのと同じだということです。

何が言いたいかというと
あなたは、ただ『勉強のやり方』を知らないだけで、
野球でいう、バットの振り方やボールの投げ方を知らないだけなんです!

160206-2


まず、最初に何をすればいいの?
『相手を知る事と自分の現在地を知る事』
これがスタートになります。

今、あなたは、夏の高校野球の抽選が終わりました。
夏に勝つために、相手高校にどんないいピッチャーやバッターいて、
どれだけ強いのかなど調べませんでしたか?
これが、『相手を知る』ということになります。
ここで相手とは、TOEFLやアメリカの大学を知ることになります。

『現在地を知る』という事は、まず『1回目のTOEFLを受けてみる』ことです。
現在のあなたの英語の実力を知ることです。

そのために、まず、スタートラインである、
『相手を知る事と自分の英語の実力を知る事』が大切なんです。

『安心してください!英語は話せるようになりますから』
アメリカに渡ったら、チーム内で英語で話さないといけなくなり、
話す機会がたくさん待っています!

それでは、また明日!

『For the Baseball~すべては野球のために~』

★海外留学のことを聞きたい・悩みを相談したい方は
こちらをクリック!

★アメリカ大学を体験した先輩方の声を聞きたい方は
こちらをクリック!