先週はカリフォルニア州でシーズン開幕を迎えた日本人選手を紹介しました。
→カリフォルニア州の選手達はこちらをクリック!

シーズンに入り、各大学のコーチ陣から日本人選手の活躍により、「来年はどんな日本人選手がくるんだ!」と連絡を頂いたり、日本の高校野球を知りたいということで、夏の甲子園を見にいきたいという声をもらったりしています。

それではカリフォルニア州外でロースター入りをしている選手たちを紹介していきます!

スクリーンショット 2020-02-09 15.31.26

■ヤバパイ大学1年 大誠くん
アリゾナ州の強豪大学で、1年から先発として活躍中の大誠くん。同大学では、MLBで活躍する選手達を数多く輩出しています。今シーズン初登板は6回からの1イニングで、2奪三振と完璧なピッチングを披露してくれました!体も、継続した筋トレにより一回り大きくなったのでは??今年こそMLBドラフト指名がかかるか!?楽しみです!

Baseball4

S__89301004

■ヘストン大学2年隆聖くん、1年敢将くん、正瑛くん
カンザス州の田舎にあるヘストン大学で活躍する選手達を紹介していきます。先日初試合を迎え、3人がそれぞれ大活躍を見せました。写真は、今シーズンの野球の試合のポスターだそうです。隆聖くんと敢将くんがそれぞれのっていました!

2年の隆聖くんは、攻守に後輩達を含め、選手達をサポートする頼もしい先輩でもあり、今年にかける意気込みも伝わってきます。短大の最終年で、昨年レギュラーで活躍し、3割打った成績を今年も超えるところ目指して頑張っています。

1年の敢将君は、キャッチャーとしてスタメンのマスクを被り、チャンスで逆転のタイムリーを打つなど攻守にチームを盛り上げていきます!積極的にコーチと選手と英語での会話を頑張り、チームメイトからも信頼を獲得している努力家です。

1年の正瑛君は、まさに今日ピッチャーとして先発をし、4回を投げましたが残念ながら強豪相手に負けてしまいました。テキサス州へ8時間かけてバスでの移動してからの先発に疲れもあったかもしれませんが、「次の試合に向けて準備していきます!」と遠征から帰ってからのテスト勉強をするなど「Stundet Athlete」として頑張っている様子でした!

EKQd-2nWoAAZlRX 2

■インディアンヒルズ大学1年椋也くん、航くん、蓮くん、裕一郎くん
アイオワ州にある強豪インディアンヒルズ大学で活躍している日本人選手達です。外が雪で寒いため、室内での練習でバッティングとピッチングをこなしながら、充実した筋トレメニューがまっているようです。

1年の椋也くんは、ピッチャーとして中継ぎとして期待されています。秋学期から冬学期にかけて、筋トレと食事により、6キロほど体重が落ち、引き締まった体になり、ピッチングにキレとスピードが上がって来ている様子。

航くんは、日本の大学では学生コーチとして活動をし、「アメリカの野球環境で英語と野球を学びたい」と強豪大学への進学を希望しました。内野手として一生懸命に取り組む姿に、コーチからも、「航の言うことだから」と信頼をおかれているようで、コーチやチームメイトとの英会話を頑張っている様子でした。

蓮くんは、高校のときに外野手として甲子園を制した選手です!大学でも外野手としての活躍を期待されている選手の一人です。まだコーチとのやり取りや英語での指導に大変なところがあると思いますが、持ち前の「ガッツ」で乗り越えてほしいです。

裕一郎くんも、外野選手として期待されている選手です。英会話にもかなり慣れており、コーチからのアメリカ流のバッティング指導を受け、自分のものにしようと必死に頑張っています!攻守でどこまでアピールしていけるか!?

スクリーンショット 2020-02-09 16.11.51

■ハーキマー大学1年 柚貴くん
ニューヨーク州にある強豪ハーキマー大に通う柚貴くん。昨年の1年間の肘の手術で、「レッドシャツ」制度を使用し、勉強とリハビリと筋力トレーニングに専念しました。レッドシャツ制度とは、怪我でプレ–できないや出場数が少ない、もしくはベンチ入りできなかった場合に適応される1年間プレ–したとカウントされない制度。あと2年間をハーキマー大でプレーでき、4年間しっかりプレ–することができます。

肘の回復も順調で、夏休みに会った時には、筋トレで一回り体が大きくなっていました。打てるキャッチャーとして活躍を期待されています。シーズン開始は雪のため、2月末のフロリダ遠征からスタートになります!

■サセックス大学2年竣くん
チームのツイッター動画で、16秒経過してから2秒ほどですが、野球を頑張っている竣くんの笑顔の姿を見ることができます。ニュージャージー州の大学で、転学先の大学として1年目となります。チームのムードメーカー的な存在で攻守に頑張っている様子です。シーズンは、雪のため、フロリダへ飛行機で遠征をし、シーズンが開幕となります!

複数の内野のポジションをこなしながら、バッティングでどこまで爆発をアピールできるか!?

IMG_3730

先日、留学中の学生と話していて、

「アメリカ人の学生は、本当に勉強と野球の二刀流でやっていて、野球選手として4年制大学1部リーグへ決まるくらいピカイチで、そして自分の将来のことをしっかり考え、大学の勉強も手を抜かずやっている!良い刺激になる!」

という話しがありました。これぞアメリカ大学野球留学の醍醐味!アメリカでは「Studnet Athlete」と、文武両道が当たりまえの環境で頑張っている学生達を呼びます。

また、先日話していた別の学生は、試合のため半日をかけ遠征をし、週明けにはテストがあるため、宿泊しているホテルで一緒のクラスをとっているチームメイトと試合後に勉強をしていました。

アメリカ大学野球の環境の中では、野球に、自分の専攻の勉強に、英語に、アメリカ人のチームメイトと一緒にご飯など食べにいったりと、日本ではできない経験を多く積むことができます。この生活のなかで頑張ってくるからこそ、大きく成長した自分が見えるのではないかと思っています。大変なことが多くあると思いますが、諦めないで、頑張ってほしい!と思っています。

日本国内でも、今年の9月に大学野球留学する後輩達が20名ほど毎日英語の勉強をしています。これも、留学してからこの文武両道の生活のなかで活躍していくため!アメリカでの先輩達の活躍が、英語を頑張っている後輩達にも届いています。

みんな頑張れ!日本から応援しています!

*来週は、アメリカ4年制大学で活躍中の先輩達を紹介していきます!

============================================
高校卒業後は、アメリカの大学野球でプレ–をしたい!
プレーしながら英語を身につけ、学びたい専攻分野を選べます!

■大学野球留学の無料進路相談会を実施中!


■高校3年生の8月と9月にアメリカへ1週間のセレクションツアーへ!


============================================