image1 (11)

5日目がスタートしました!
今日は最後の英語の授業で、「自己紹介」の本番となります。一人一人が、カンペを見ないで言えるかが、大事です(笑)。多少詰まる場面がありましたが、最後まで問題なく自己アピールのできる自己紹介を身につけることができました!忘れないでな。

image3 (5)

今年の学生は、積極的で、恥ずかしがって、言いたいことを言わないということが少なく、何かしら自分から英語で発信をしてくれます。これは大切です!また、発信するたびに、面白い表現などもあり、笑いがでることも多くあり、最後の授業はすごく楽しく終えることができました。


image2 (7)

昼食をとった後は、野球アカデミーへ移動しました。明日からのショーケースに向け、バッティング中心で打ち込み、ピッチャー陣も軽くブルペンで投げました。2名の大学野球のコーチ陣が駆けつけてくれ、技術面の指導とアメリカの大学野球への取り組みや考え方をアドバイスをしてくれました。

野手組は、置きティーでバッティングがスタートし、その後トスバッティングへ。

image3 (6)
image2 (9)
image4 (4)
image6 (4)

鋭い打球を飛ばします。わからないことがあれば、学生のほうから聞いてくるなど、積極性が素晴らしいとコーチ陣からもほめてもらっていました。
また、最高の笑顔を見せてくれました笑

image4 (6)
image3 (7)

2周くらいを終えると、一人10球ほどのライブでのボールをどんどん打ち込んでいきます。コーチ陣も日本人選手のレベルの高さに、練習にも熱が入っていきます!「この練習に取り組む姿勢が好きなんだよ。」とコーチも今まで見てきた日本人選手と比較しながら、アドバイスを送ります。

そしてバッター組の最後は、試合形式でした。2チームにわかれ、どちらが多く点を取れるかを競いました。

image8 (5)

そして、ゲームに負けたチームは⇧(笑)


さて、ピッチャー陣も20球ほどを真っすぐと変化球をそれぞれブルペンで投げ込みました。

image1 (12)
image7 (5)
image2 (8)

ピッチャー陣も、キレのある真っすぐと変化球に、教えてもらったシンカー気味のツーシームをコントロールが良く投げ込んでいきました。コーチも「良いボールだ!こうしたらどうだ」というように、アドバイスを各自がその場でもらい、すぐに実践していきました。

コーチ陣達から、最後にアメリカの大学野球レベルでもやっていけるというお墨付きも頂くことができました!高校まで頑張ってきた野球で、日本とは違う環境の中で高く評価をもらうのは、学生からも非常にうれしいことだったと思います!


image4 (5)
image6 (3)
image7 (6)

午後から、大学の先輩達が、セレクションツアーに駆けつけてくれ、それぞれの学生と色々と話しができていたようです。特に英語面についてや野球の環境についてなど、すごくためになる話しをしてくれました。やっぱり、今大学でプレ–をしている先輩から話しを聞くのは学生の心にも響きます。匠、大進、ヒデありがとう!

image1 (14)

練習後は、簡単にお土産などが変えるようにスーパーやスポーツショップへ向かいました。
値段の交渉!?もやっていました笑

さて、明日と明後日の2日間はショーケースに参加します!
アメリカでの個人能力の測定と、試合での実践での評価をもらいます。明日に備えて、今日は早く寝よう!

明日もお楽しみに!!!