image1 (4)

大学セレクションツアー3日目がスタートしました!
今日も英語学校からスタートです。今年の参加学生達は、英語に対して積極的で、自分から発信していく量が多いのが印象です。このペースで残り2日間の英語クラスを頑張っていきましょう!

ちなみに、明日からは「自己紹介」の練習です。英語において、自分をいかにコーチ達に知ってもらえるか、英語ができるかをアピールできることはとても大事なことなので、ぜひこの1週間で身につけ、自分をアピールする自己紹介を覚えていこう!

image5 (1)


さて、午後からは、大学野球部のコーチに直接見て頂く練習会です!
今日の気温は、100度=37度を計測し、熱い中でしたが、からっとしているため、日本のようなじめじめ感がない中でのプレ–をしました。
image13

早々にアップを切り上げ、実践練習へと入っていきます。コーチから早速メニューの発表がありました。まずは外野ノックから入りました。まだシーズンインしていないため、芝生が

image2 (3)
image14

その後、内野ノックへ。正面、左右のゴロ、そしてダブルプレーへいきました。
グランドの地面が日本と比べて固いこともあり、最初は戸惑いはあったかもしれませんが、すぐに慣れるあたりはさすがの守備力でした!

image11 (2)
image15
image1 (5)

野手陣は、休憩後にバッティングへ!
ピッチャー陣にも移動し、コーチが各自のピッチングを見てくれました。昨日投げていることもあり、一人20球ほどのピッチングとなりました。ピッチャー陣も力強いボールを投げていました。ボールの影響で、ボールが動くことで、コーチ陣からも「良いボールだ!」と声をかけてもらっていました!

image1 (7)
image1 (6)
image7 (2)
image10 (1)

コーチ陣も、徐々に熱が入っていくのがわかります。非常に熱心にアドバイスをしてくださり、直接大学野球の環境でプレーし、コーチ陣からアドバイスをもらうことができました。

image8 (2)
image1 (8)

この練習会でもそうでしたが、ぜひ、日本の高校生・大学生に知ってもらいたいことは、「日本人選手はアメリカ大学野球でも高く評価をされていること」。日本人の先輩達が、環境が違う中で大変ながらも成果を残し、着実に評価を上げています。活躍できるのは日本だけではありません。

image9 (1)

この大学でプレ–している先輩達は、大学で野球と勉強で成果を残し、その後、返済不要の奨学金を獲得し、4年制大学へ全員が編入をしています。また、この大学から、今年、日本人選手としてMLBメジャーのドラフト候補まで上がり、来年ドラフトにかかるかもしれないという選手もいます。
そんな先輩達が活躍している環境に入れることを聞くと、やっぱりワクワクします!

image6 (1)

最後にコーチがみんなに言っていたことは、「この大学に来ている日本人選手は、本当によく練習も試合も全力で頑張ってくれるし、アメリカ人の学生にも良い影響を与えてくれている。ぜひ来年会おう!」と最後はガッツりとひとりひとりが握手をしました!

image2 (4)

さて、ほどよい緊張感のなかの練習会を終え、MLBエンゼルス戦でアナハイムへ!
試合はちょうど始まったところでした。

image3 (2)

「OHTANI」のシャツを着て、足早にスタジアムへむかいます笑)

image4 (1)

やっぱりこの光景はいいですね。日本とは違うこのスタジアムの雰囲気はすごく好きです。
大谷選手も2安打し、チームは勝ちました!各学生が興奮のあまり、携帯の動画が止まりませんでした笑)インスタかな笑)?


さて、明日は、午前中に大学の練習会に参加し、技術練習とトレーニングを予定しています。
午後からは、練習後なので眠くなるかもしれませんが、「英語の自己紹介」を行っていきます!良い緊張感が持てるように、セッティングしようかなと考えています。

明日もアメリカで、おもいっきり野球生活を楽しもう!